YUSUKE TAKAMURA

未経験中途採用

社歴

2018年02月〜2018年03月
株式会社アリストテックに未経験中途として入社。Javaの社内研修を受ける。

2018年04月〜現在
都内の某官公庁システム開発のプロジェクトに参画。主に設計、製造、テストを担当。

「仕事でもプライベートでも、社員の充実を優先して考えてくれるので、本当に助かっています。」

Q1.「入社の決め手」を教えてください。

ワークライフバランスが良いことですね。

アリストテックは「やるべきことはキッチリやって、定時退社を目標にして、しっかりと休みましょう」という社風で、年間の休日も120日を超えています。

僕は元々ゲームやアニメが好きで、プライベートはプライベートとして充実させたい人間なので、そういったメリハリを大切にする考えが自分にはすごく合っていました。「コミケに前乗りしたい」という理由で繁忙期に有給を申し出た際にも、上司は「しょうがねえなあ」とタスク消化のためのスケジュール設定に協力してくれました。おかげで当日は全力で楽しむことができました(笑)

仕事でもプライベートでも、社員の充実を優先して考えてくれるので、本当に助かっています。

「後輩も入ってきて、教え方をあれこれ工夫しているうちに今まで曖昧だった知識が、自分の中で正しいものに変化し、定着していく感覚がありました。」

Q2.「入社後、一番印象に残っている出来事」を教えてください。

プロジェクトに参加してから1年が経ち、初めて一から新しい機能の作成を任されたことです。

それまでは軽微な仕様変更の対応やテスト、証跡取得などの作業を振られていました。最初のうちはその作業すら精一杯な状態でしたが、先輩上司に教えてもらいながらプログラミングと業務知識を少しずつ吸収し、だんだんと出来ることや知っていることが増えました。春からは後輩も入ってきて、教え方をあれこれ工夫しているうちに今まで曖昧だった知識が、自分の中で正しいものに変化し、定着していく感覚がありました。

そんなタイミングで新機能作成の作業依頼が届き、正直「ついに来たか(笑)」という気持ちもありましたが、一人前として認められつつあるのかなと感じて嬉しかったですし、色々な人に仕様を質問して回りながらなんとか作業を完了できたときには達成感がありました。

「プライベートを充実させようと思ったら仕事を効率的に行うための創意工夫が必要になりますし、それを後輩に伝えていくことで会社としての生産性アップにもつながると思います。」

Q3.「あなたの今後の展望」を教えてください。

入社の決め手となった「やるべきことはキッチリやって、定時退社して、しっかり休みましょう」の社風をもっと体現できる人間になりたいです!

これは決してやる気がないわけではないと思うんです。プライベートを充実させようと思ったら仕事を効率的に行うための創意工夫が必要になりますし、それを後輩に伝えていくことで会社としての生産性アップにもつながると思います。

自分の仕事の精度を落とすことなく後輩の教育・サポートを行えるようになりたいです。

上司からのコメント

『我が道を止まる気なんてない』

みんなに優しく、愛されるキャラクターで、自然と人が集まってくる素敵な才能の持ち主です。趣味のゲームではチームを組んで実際に大会に参加するなど実直に活動している話を聞くと、「仕事でもリーダーに向いているのでは……」と思っています。根拠のある意見を的確にハッキリと言えるようになると嬉しいな。期待してます!未来のリーダー!

社員インタビュー社員インタビュー

弊社で活躍する先輩社員をインタビュー形式でご紹介いたします。